• チェディア 日本の、座るカタチ
      ●椅子に座ることが主流となった現代でも、床に座る習慣はなくなっていません。 そんな多様な日本の座る生活スタイルを、より快適にするための家具を‘チェディア’ は開発、提案して行きます。
      • ● agra stool

        ○アグラスツールは、座布団と併用して長時間の正座や胡座でも脚の痺れや腰膝への負担が軽くなるように開発したスツールです。将棋の対局やお稽古事など正座する機会の多い方々に、座布団と併用出来る正座椅子としてお薦めします。
        ○座布団は、やや大きめの八端判(590×630ミリ)まで対応します。
        ○EVA のクッションと曲面がお尻にフィットし、底面のカーブは座る時のショックを和らげると同時に、微妙な身体の動きに対応します。
        ※低い方を前にしてご使用ください(裏面に表示があります)
        ○床のフローリングや畳への傷を防ぐため、底面にエラストマーを打ち込んであります。
        ○神奈川県産業技術センターにて耐荷重試験済み。
         

      • ● agra seat

        ○ アグラシートは、背凭れに寄りかかると本体が後にズレてしまう座椅子の欠点をシンプルに解決しました。
        ○ 底面に滑り止めのエラストマーシートを貼り付けてあるので、後にズレないだけでなくリクライニングの姿勢を保つこともできます。
        ○ 座布団が直接床に触れているので、床暖房やホットカーペットをご使用の際には、温かさが身体に伝わります。
        ○ 座面はフレームのみ。軽く持ち運びやすく、スタッキングもできます。

      • ● 脇息

        ○縦横の高さの違いで、体格や座り方の違いに対応します。
        ※アグラシートにお薦めします。
         

    • ○実物を確認したいお客様
      アグラスツール、アグラシートおよび脇息は、 新宿リビングデザインセンターOZONE「にっぽんフォルム」にて展示、販売されております。
    • ●関連記事:
      13.02.26 Cediaのこと1